☆ にほんブログ村 ☆
いつも応援ありがとうございますぅ~
BLOG歴
2011年01月09日(日) Yahoo! BLOG開設
プロフィール
四国に生息中。

ラチョレ

Author:ラチョレ
ラチョレ(LaChoLe)のブログへようこそ!

恋車Skipちん・・・
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
アクセス
オンラインカウンター
滞在中のお客さま
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

アストロタイガーと、エブリィワゴンで車中泊?

愛犬クッキー と Zil の お散歩日和

備北便り@

ふぇあり〜の写真箱 (宝箱)

matっti(matrix)からのつぶやき

『のんびり カメさん』 の日記

せんべいじいちゃんの日記

勝手気ままなくるま旅・第二章~Zil Nobleの車窓から~
ワンコ時計
夢を叶えてくれるお店
株式会社岡モータース
Skipちんの生みの親
株式会社バンテックセールス
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ドライブコンパス
明日は晴れるかな~
気になるお天気
徳島新聞ニュース
QRコード
QR
☆ にほんブログ村 ☆
☆ にほんブログ村 ☆
いつも応援ありがとうございますぅ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 9月 若狭小浜と舞鶴と丹後半島の旅 <9>

2014 FIFA ワールドカップ ブラジル大会
残念ながら我がザックジャパンは、決勝トーナメント進出ならず。
4年後のロシア大会では、必ず頑張ってくれることを期待します。


昨年秋のお出かけの記事も最後となりました。

目新しい情報はありませんが、本日もお付き合い下さいませ。

2013年9月23日 06:00
秋分の日の朝を舞鶴で迎えました。
連休最終日です。
数台のキャンカーもお出でになっています。
 DSC_0053.jpg

モーニングをして、海鮮市場が開くのを待って、
土産をゲットします。
昨日、下見してあったので、テキパキとゲット。
お菓子も海産物も両方ゲットしました。
お酒はノーゲット。
 DSC05656.jpg

自宅へ帰る前に、舞鶴市内をもう一度ブラブラ。
観鶴は港町
大きなお船を見に、舞鶴港へ
運よく、見たいお船が接岸してます。
 DSC05657.jpg

新日本海フェリー
 DSC05658.jpg

大きいです。 
四国で見てるフェリーと比べ物になりません。
これに乗って北海道へ
揺れも少ないのでしょうね・・
そのうちに、きっと行けるでしょう♪

赤レンガ倉庫と
 DSC05659.jpg
 DSC05661.jpg

軍艦岸壁と
 DSC05665.jpg

舞鶴地方総監部を流し目で見て、
 DSC05666.jpg

京都縦貫道、舞鶴若狭道、中国道、山陽道を経由して
明石大橋を渡り、
 DSC05671.jpg

13:00 淡路ハイウェイオアシスで休憩。
 DSC05672.jpg

飛行船の遊覧飛行イベントがあったようで、
明石海峡大橋を遊覧してました。
 DSC05678.jpg
 DSC05673.jpg

まったり、昼食をして、
 DSC05681.jpg

鳴門海峡大橋を渡り、
 DSC05682.jpg

16:00 無事に自宅到着となりました。
走行距離832.5Kmでした。
 2013 09



お わ り  お粗末でした。





最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。


いつも『ポチッ』って下さり、おおきにですぅ~♪ 
↓↓↓ 「にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカー」へ参加しております。
↓↓↓  ブログの励みになりますので、『ポチッ』とお願いいたします。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
      にほんブログ村


またのお越しをお待ちいたしております。

関連記事
スポンサーサイト

2013 9月 若狭小浜と舞鶴と丹後半島の旅 <8>


今日は歯医者へ
一時間ほど口を開けてたので、顎が外れそうでした。
次で終わるそうです。
でも、半月先の7月11日まで待機。
早く終わらないかな~


それでは、昨年秋のお出かけの続きをどうぞ。

2013年9月22日の午後のことです。
京都府丹後半島にお邪魔して、
山陰海岸ジオパークの東側を楽しんだあとは、
西側を今度の楽しみにして、海から山へと向かいます。
 DSC05595.jpg

14:00 立岩から国道482号線を京丹後市街方面へ
国道312号を経由して国道176線を通り、
京都府予謝郡へ 15:00 到着
 DSC05598.jpg

丹後ちりめん歴史館
 DSC05600.jpg

ノコギリ屋根が特徴的、ここは工場の跡地だそうです。
 DSC05599.jpg

外からだと歴史館だとは気付きにくいかも?
入場料は無料!
では、さっそく館内へ
 DSC05601.jpg

正面玄関を入ると、いきなり艶やかな花嫁衣裳
 DSC05602.jpg

若き良き頃(細かりし頃)を思い出すそうです・・・ 笑

蚕からシルクになるまでの工程が
 DSC05607.jpg

実物の機械もあってわかりやすく理解できます。
 DSC05603.jpg
 DSC05605.jpg
 DSC05604.jpg

自分が小さい頃、蚕を飼っていて、
桑の葉を良く食べさせた記憶が・・

歴史館の奥は、ショップ
 DSC05606.jpg

一番目に付いたのは、「シルクのふんどし」
赤くて目立つなぁ・・ 涼しいそう~♪ (笑)
 DSC05608.jpg

これは買わずに他の安いシルク商品をゲット。
丹後ちりめんのお勉強をして次へ

丹後ちりめんの歴史館を出て、
のどかな田んぼ風景を見ながら
やってきたのは、道の駅「シルクのまち かや」
 DSC05609.jpg

小高い丘に駅があります。
駅舎前の駐車場は狭いですが公園もあり、
 DSC05623.jpg

駅の入口と反対側には、広い駐車場とトイレ、
 DSC05625.jpg

そして、国道を隔てて加悦SL広場があります。
 DSC05621_20140624211836d59.jpg
 
大正時代に、加悦(かや)鉄道が開業したそうです。
なんと、国営でなく、私鉄!
加悦町周辺は、丹後ちりめんだけでなく、ニッケル鉱山もあって、
貨物輸送の必要性から開業なったそうです。

鉄道博物館もあるし、
 DSC05622_20140624211837578.jpg

実物のSLを観たり、おもちゃのSLに乗ることもできます。
 DSC05620.jpg
 DSC05615.jpg
 DSC05619.jpg
 DSC05618.jpg
 DSC05616.jpg

駅舎からは陸橋で行くことが出来て、子供さんも退屈しません。
入場は有料ですけど・・

陸橋から無料でSLは観えます(笑)

少し歩くと暑くなり、ソフトを・・
 DSC05624.jpg

シルクソフト、滑らかで美味しい!
シルクパウダー入りです。
口の中、舌がツルツル~ (笑)

駅舎でお土産物をゲット。
 DSC05611.jpg
 DSC05613.jpg
 DSC05610.jpg

時間も16:30
そろそろ入浴タイムが近づいてきました。

スマホで検索すると、シルクのお風呂があるので、
行ってみることに。
道の駅から10分、
小高い山を少し登ると到着。

リフレかやの里
 DSC05627.jpg

専用駐車場に駐車して、テクシーで温泉へ。
 DSC05633.jpg

数十m歩くと入口
 DSC05626.jpg
清流に掛かった橋を渡ると玄関
 DSC05628.jpg
 DSC05630.jpg
 DSC05629.jpg

地元の新鮮野菜をつかったレストランも併設、
 DSC05631.jpg

宿泊施設もあります。

それでは、入浴~
 DSC05637.jpg

シルク湯とハーブ湯がありますが、
 DSC05638.jpg

本日は、シルク湯がありませぬ。
色々問題があったのでしょうか? ザンネン

ハーブ湯でまったり
 DSC05639.jpg

良いお湯でございました。

この後、宮津市で酒の肴をゲットして、
高速を走って、道の駅「舞鶴港とれとれセンター」で
晩ご飯、丹波黒豆プリンのデザートも頂き、
 DSC05654.jpg
 DSC05645.jpg

秋の夜は更けていきました。
 DSC05644.jpg


つづく





最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。


いつも『ポチッ』って下さり、おおきにですぅ~♪ 
↓↓↓ 「にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカー」へ参加しております。
↓↓↓  ブログの励みになりますので、『ポチッ』とお願いいたします。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
      にほんブログ村


またのお越しをお待ちいたしております。

関連記事

2013 9月 若狭小浜と舞鶴と丹後半島の旅 <7>


昨日は五穀豊穣を祈願する村の行事でした。

四国八十八か所の二十番札所でお参りをして、
道の駅「ひなの里かつうら」で休憩
料亭で一杯会
昼間からビールをいただきました。

ここまでは上機嫌だったんですが・・
この後、携帯が鳴り、最悪なことに・・

楽しいこと、良いこと、悪いこと、いっぱいあった一日でした。


それでは、昨年秋のお出かけの続きをどうぞ。

2013年9月22日の午後のことです。

くねくね道を走りたどり着いたのは、
道の駅「てんきてんき丹後」
 DSC05579.jpg

良いお天気でカンカン照り(笑)
丹後半島西側中央までやってきました。
なんとなく、お社を想像する造り??
 DSC05578.jpg

駅舎に向って、左前には広い広い芝生があります。
 DSC05581.jpg

サッカーの半面が取れるくらいあったような・・

道の駅見学もそこそこに駅舎内へ
 DSC05582.jpg

売店はお土産物もたくさんあります。
 DSC05583.jpg
 DSC05589.jpg

レストランは順番待ちの行列なので、
フードコーナーで、海鮮丼を食しました。
 DSC05584.jpg

大変美味しいかったでーす。(満足)
 DSC05585.jpg

そして食後のデザートを
黒豆ソフト
 DSC05587.jpg
(ぴんぼけ)

美味しい~
丹後半島のお土産を買って、
道の駅「てんきてんき丹後」を後にしました。

道の駅から数分、観光客がいっぱいなので停まってみます。
 DSC05593.jpg

立岩(たていわ)
 DSC05592.jpg

黒い岩が突き出してるようで、周囲は1Kmもあるとか。
 DSC05594.jpg

丹後半島の観光名所だそうで、沢山の観光客。
ちょっと高台の駐車場から眺めてみました。
 DSC05596.jpg

丹後半島を含めた山陰の海岸は、
山陰海岸ジオパークとなっており、
見所満載のようです。
 DSC05591.jpg

勉強不足で看板を見て初めて知ることばかり。

まだまだ丹後半島の海岸線も見たいのですが、
これより西側は次回の楽しみに残しておきます。



つづく




最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。


いつも『ポチッ』って下さり、おおきにですぅ~♪ 
↓↓↓ 「にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカー」へ参加しております。
↓↓↓  ブログの励みになりますので、『ポチッ』とお願いいたします。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
      にほんブログ村


またのお越しをお待ちいたしております。
関連記事

2013 9月 若狭小浜と舞鶴と丹後半島の旅 <6>

今日は、
先週 木こり作業で使用したチェーンソーの掃除。
木くず落とし、刃の目立て、チェーソーオイル注油、
エアクリーナーの清掃をして、
また使うだろうから燃料は抜かずに保管。
 DSC_0407_20140621114530b1a.jpg

そして、そろそろ第二回目の草刈が近づいたので、
今度は、草刈機の点検。 
回転刃のギアケースにグリス注入しようとしたけど、
注油孔ボルトが固着、外れず・・
 DSC_0439_2014062121065213c.jpg
あきらめて、めげる(壊れる)まで無注油で・・ (笑)

こんな事をしていました。


それでは、昨年秋のお出かけの続きをどうぞ~


2013年9月22日の午後のことです。
京都府北部の丹後半島にお邪魔してます。

漁港めしを食べ損ねて、腹ペコのまま出発。
引続き国道178号線を丹後半島の西に向って進みます。
海側の断崖に道があって、山道のようにクネクネ。
道幅の狭い箇所、見通しの悪い箇所も・・
30Km/Hほどしか走れません。
走りながらなど、とても写真など撮れません~
少し走ったところに展望所がありました。
 DSC05560.jpg

蒲入(かまにゅう)
 DSC05561.jpg

海抜100mオーバーからの海岸と美しい海が見えます。
 DSC05562.jpg

展望所の先端に立つと山の中腹から海を眺めてるようで、
山からいきなり深い海になってる感じ。

海の色も日本海らしいかな。
 DSC05563.jpg

海の透明度も澄んで、すごく綺麗です。
さすが国定公園ですね。
 DSC05565.jpg

真っ黒な雲から、パラパラ・・ 雨が・・
先を急ぎます。
 DSC05566.jpg

直ぐに雨も上がり、いいお天気に。
ちらちら見える海を眼下に、クネクネ山道をのろりのろり走ると、
 DSC05567.jpg

えっとぶりの直線道路~(笑)
 DSC05568.jpg

ストレス解消もつかの間、
道路や崖の修復作業で片道交互通行も・・
大雨で崩れたのでしょうか??
数台の乗用車さんとスライドしながら、
クネクネ道をそろそろ・・
相変わらず、山の中腹から眼下に海を眺めながら移動。
 DSC05569.jpg

蒲入から35分ほど走ると展望所がありました。
 DSC05570.jpg

走ってきた方向(東側)を振り返ると、急な傾斜の山。
 DSC05575.jpg

そして断崖絶壁が・・
 DSC05576.jpg

これは浸食されているのでしょうか?
 DSC05577.jpg

そして西側を見ると、恐竜の背中みたいな・・
岩が立っています。
 DSC05571.jpg

海の色も綺麗です~
 DSC05572.jpg

屏風岩(びょうぶいわ)
 DSC05574.jpg

長年の浸食によって硬い地層だけが残ったようです。
高さも相当あるようですが、比べる物がないので、
何十mあるのでしょうかね??
 DSC05573.jpg

飛び込み岩にしては高過ぎますね(笑)
平らな土地が一気に断崖になる景色、
なかなかお目にかかれない景色です。
写真が小さくて見づらいですが、
断崖絶壁から落ちる滝も見えます。

これより先(西側)は民家も多くあって、
くねくね道から開放され、走りよい道になり、
順調に走って、13:00 広い駐車場に到着。
やっと、お昼にありつけそうです。
 DSC05580.jpg


つづく




最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。


いつも『ポチッ』って下さり、おおきにですぅ~♪ 
↓↓↓ 「にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカー」へ参加しています。
↓↓↓  ブログ更新の活力になりますので、『ポチッ』 お願いします。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
      にほんブログ村


またのお越しをお待ちいたしております。

関連記事

2013 9月 若狭小浜と舞鶴と丹後半島の旅 <5>

先週の父の日から遅れること数日、
子供たちからサプライズなプレゼントが。
ネットで注文してあって、父の日に間に合わなかったらしい。
 DSC_0434.jpg

こちらは、酒飲みの定番、おつまみ  セブイレ製(笑)
 DSC_0435_20140619215431016.jpg

こちらは、ネット調達
 DSC_0436_20140619215434c5e.jpg
普通のTシャツですね。

裏返すと・・

あらま~
 DSC_0438_201406192154403a3.jpg

(爆笑)

どうしましょっ・・



さて、昨年秋のお出かけの続きです。
本日もお付き合いよろしくです。


2013年9月22日 11時過ぎのことです。

丹後半島にお邪魔しております。
道の駅「舟屋の里 伊根」に到着して、
 DSC05532.jpg

特等席に駐車させて貰ったので、
足が痛い家人も駅舎の売店へ行くことが出来ました。
 DSC05534.jpg

売店は海産物でいっぱい!
 DSC05536.jpg
御礼に酒の肴とお土産を買いました。

休憩所&レストランの裏からは、
綺麗な景色を眺めることができます。
 DSC05543.jpg

眼下に広がるのは伊根湾
 DSC05539.jpg

写真の方向は天橋立方面
 DSC05537.jpg

ここ伊根町は、「舟屋」が有名ですよね~
 DSC05540.jpg

家が海に浮かんでるように見えますね。
 DSC05531.jpg

舟を係留するスペースが家に備え付けなんですね。
凄いです。

「舟屋」とは・・ Wikipediaより
伊根の舟屋(いねのふなや)は、京都府与謝郡伊根町の伊根地区にある民家の種類のひとつであり、伝統的建造物である。
船の収蔵庫であると共に住居の役割も持つ。
舟屋から見る海の景観、海から見る舟屋の景観が美しいため、伊根町の代表的な観光スポットとして観光客が多く訪れる。
また、近年では伊根町内での映画やドラマのロケがあり(男はつらいよ 寅次郎あじさいの恋、釣りバカ日誌5、連続テレビ小説 ええにょぼ等)、全国に名が知られている。舟屋は江戸時代中期頃から存在しているものと見られる。
舟屋は2000年現在、238棟が確認されている。特徴としては基本的に「海への開口」、「妻入り」の2点である。
こうした特徴が評価され、漁村では全国で初めて国の重要伝統的建造物群保存地区の選定を受けている(選定名は「伊根浦」)。

ここ伊根町で、
朝の連続TV小説「ええにょぼ」のロケがあったんですね。
 DSC05541.jpg

家の「ええにょぼ」 も写真に収まります。
 DSC05546.jpg
お見苦しいのでボカシ入り (オコラエルカモ・・)

「ええにょぼ」とは・・ Wikipediaより
「ええにょぼ」は、丹後弁で「美人」を意味する言葉。
ええ女房じゃないんやね (笑)

ここ伊根のゆるキャラは「ふなやん」
 DSC05544.jpg

レストランで海鮮丼でもと思ってたのですが・・
満席。
次の休憩ポイントでお昼にすることにします。

舟屋も観ることが出来たので、再び移動します。
 DSC05530.jpg

道の駅を出ると、
ほとんどの皆さんは、天橋立方面へ引き返して行きます。
国道178号線を通り、丹後半島を東から西へ回ります。
誰も、いなくなり、単独走行。
海岸線を回るのかと思いきや・・
いきなり山越え。
 DSC05549.jpg
センタラインなしです。

峠を越えて海がちらちら。
海抜数十メートルの国道。
 DSC05550.jpg

回って、回って ・・
カーブの連続・・
キャンカーには、過酷・・
これは酷道と呼ばれるかもね~

対向車が来ないのを祈りながら・・
数台の乗用車さんとスライド・・
さすがにキャンカーさんは、来られませんでした!

走るのが嫌になった頃に、漁港が見えだしました。
 DSC05552.jpg

そして、「漁港めし」の幟を発見。
道路脇に何本もの幟があります。
「漁港めし」から海鮮丼をイメージしたので行ってみることに。

工事中の急勾配のカーブを下り、
どんどん下って行くと漁村。
狭い道でしたが、引き返せないので・・
突き進むだけ(笑)
 DSC05559.jpg

町並みを抜けると、漁業市場のような建物。
蒲入(かまにゅう)漁港の蒲入水産さん
 DSC05553.jpg

奥に駐車場があって、ほっ。
 DSC05557.jpg

駐車完了して、
 DSC05558.jpg

お店を見ると・・
先にお店の入口で降りた家人から×印のサイン・・

聞いてみると、予約制で飛び入りは駄目とのこと。
折角着たけど、あきらめます。

皆さんが美味しいそうに食べてる所をパシャ。
 DSC05554.jpg
 DSC05556.jpg

蒲入水産さんの情報は → こちら

今度は食べたい~

行ってみたいけど、狭い道では・・とお嘆きの貴方、
現在トンネル工事もされてるので、近い将来は大型キャンカーも可能になるかも。

漁港めしが食べれる蒲入漁港をあとにします。
 DSC05555.jpg



つづく





最後までお付き合いくださり、ありがとうございます。


いつも『ポチッ』って下さり、おおきにですぅ~♪ 
↓↓↓ 「にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカー」へ参加しております。
↓↓↓  ブログの励みになりますので、『ポチッ』とお願いいたします。



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
      にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 車中泊の旅へ
      にほんブログ村


またのお越しをお待ちいたしております。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。